テレクラとツーショット番組は目的によって賢く使い分けよう

ストレートにエロい女が多いからテレクラは好都合

即アポや即テレセを狙う場合はテレクラの方が効率的かもしれない

最近の各ツーショット番組は非常に盛り上がってきている。

 

とにかくスマホ世代・LINE世代の若い女の子達の登録が凄まじい勢いで伸びているからだ。私はこのブームを2年ほど前から指摘し予想して来たが、まさかここまで急激にブームが来るとは思わなかった。私の感覚から言うともはや大手出会い系サイトであるワクワクメール・ハッピーメール・イククル・YYC・ミントCJなどは完全にオワコン化したと思う。

 

時代は生電話系のコミュニティーを求めているのである。マックスやハニーラインの盛り上がりを見れば一目瞭然である。

 

しかし、これらのツーショットダイヤルだが少々やっかいな面も出てきていると言える。それはあまりにも新規の女性が増え過ぎて、ある種のディープな雰囲気が売りであったツーショットの空気感が確実に変ってきてしまっているからだ。

 

少し前のツーショットダイヤルを利用している女は本当に分りやすかった。シンプルにエロい女ばかりだったからだ。テレフォンセックスが好きな女の場合は、電話が繋がったら既に声質がテレセモードにスイッチオンしている女が多かった。しかし最近はテレセはしたいのだが、初めてなのでやり方が分からなかったり妙に緊張してなかなかエロいテレフォンセックスが出来なかったりする。とにかく初心者が多くなった感じ。

 

出会い目的でも同じ事が言える。前ならお互いに電話で軽い自己紹介を済ませると単刀直入に「今日は即アポ出来る人探してるの」「最近セックスレスだから割り切った感覚でエッチしてくれる人探しています」などストレートに自分の欲求をぶちまけてくれる子が多かったのだ。

 

しかし、この辺りも最近は鈍い。とにかく暇つぶしで電話待ちしている新規女が増えているのでいきなり出会いの交渉をすると「引かれてしまう」事が非常に多い気がする。ツーショットで出会いの交渉なんて当たり前だと言うのに、困った話である。

 

なので最近のツーショットダイヤルはどちらかと言うと、キャバクラ感覚の会話を少し楽しんでから、自分の目的を女の子に伝える流れが必要なのかもしれない。そうしないとなかなか彼女達は楽しんでくれないのだ。

 

こんな状況のツーショットだから、私はあえてテレクラをツーショットと併用する事にしている。ツーショットはじっくりと口説いて行く「じっくりナンパスタイル」で利用するのだ。そしてテレクラ店舗はストレートに「即アポや即テレセ」する時に利用する感じである。正直言って、この方法を導入してからの方が圧倒的にセフレやテレフォンセックス友達を探しやすい状況になってきている。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ