五感や想像力でイク女性のテレフォンセックスとは?

女の子が五感でイク為のテレフォンセックス

男性とは全く違う女の子のテレフォンセックスでの感じ方

ツーショットダイヤルやテレクラでの最近のテレフォンセックス人気はとにかく凄いですよね。特に女の子は言葉で命令されるのが好きなので、どちらかと言うと、女の子が電話待ちしていますからね。

 

昔から女性は少女漫画やレディースコミックをオナネタにしてきました。そこには、大抵男の思い描くセックスシーンは登場しません。男とはセックスに対する感性がまるで違うのです。

 

では、女性が五感で感情エロ電話を教えましょう。

 

まずは低い声は重要です。分かりやすい例では福山雅治の様なダンディーで重低音なボイスを想像して頂ければと思います。高い声の男はテレフォンセックスの世界では短小包茎みたいなものです。頑張って低い声を出すように練習するべきです。

 

そして言葉のボキャブラリー量です。単純なエロ用語を知っていらるだけでは女性に通用しません。体の部分の言い方や隠語などを勉強するべきです。

 

例えばチンポなんて下品な言葉を使うよりは男性器と言う呼び方を使うだけでグッとテレフォンセックスが引き締まります。女性もあまり聞きなれないけどエロい言葉に股間が直ぐに反応してしまいます。五感の鋭いこの場合、この様な言葉の言い回しを変えただけで、パンツが湿ってしまうほどに濡れる場合もありますからね。とにかく言葉の力は偉大です。

 

最後に一番大事な部分です。これは感情になりますね。テレフォンセックスと言えど女の子と二人っきりの時間を共有しているのです。初心者の方で電話で女性に感情を伝えるのはものすごく難しい行為と言えます。だからまずは棒読みを止めてください。これだけで効果は出てきます。言葉と言葉の間に間を空けたり、音量に強弱を付けたりするだけで即実行可能なテクニックです。

 

男性が女性をリードするのは世界でも常識です。多少、くさい程度に甘い言葉でリードしてあげれば、テレフォンセックスも盛り上がると思います。

 

このように、女の子は精神的に敏感な生き物ですから、相手の心を読んで行動したくてはなりません。

 

最初は難しいですが、人間は続けていれば慣れる生き物です。激しいテレフォンで女性を失神させたけれは己を磨くべきですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ