テレフォンセックスしたい女の子に繋がるエッチな電話番号です

テレフォンセックス最強ナビ!エロいリンリン電話帳

テレフォンセックスに関する事ならお任せください!

今直ぐテレフォンセックス出来るサイトを徹底評価!日本中の無料お試し出来るツーショットダイヤル電話番号をまとめています。また、電話エッチのプレイスタイルや女の子に効果的なテレフォンセックステクニックなども随時紹介していきます。

スマホとネットが誰でも楽しめる現在の日本社会において、もはや

不特定多数の異性との出会いを楽しむ

のにメールや掲示板ベースの出会い系サイトは無用になったのではないかと感じる。

 

そして、時代はLINEのようなリアルタイム性の強いコミュニケーションが可能な出会いコンテンツが求められている。

 

そんな出会いの革命期において、生電話で赤の他人の異性と気軽に会話できるツーショットダイヤルは現代版の出会いコンテンツの主役に躍り出たと言えるだろう。

 

現に、最近の大手出会い系サイトは閑古鳥が鳴いている。ワクワクメール、ハッピーメール、イククル、YYCなど、昔みたいな素人女が入れ食い状態だった全盛期は既に崩壊した。

 

サイトの掲示板書き込みを見れば、明らかに他の出会い系業者やサクラと思われる書き込みばかり。こんな書き込みに返信してもポイントを消費させられ、騙されるだけなのである。

 

その点、ツーショットダイヤルは相手の女とリアルタイムに電話で会話できるから嘘偽りが存在しないのだ。例え、その女性がサクラだったとしても所詮は小銭稼ぎでやっている素人女なので、トーク力さえあればサクラでさえ出会えるチャンスがある。

 

電話であるから確実に相手は女

これが、ツーショットダイヤル番組での出会いの素晴らしい点である。

 

それに、ツーショットダイヤルはLINEの無料音声通話の流れともマッチングしているコンテンツなのもメリットの一つだろう。

 

LINEの無料音声通話機能を使い日常的にテレフォンセックスを楽しんでいる女達は急増している。そんな女達は大抵次のステップに進みたがる。

 

つまり、知り合いや友達同士でのLINEエッチから新しい出会いを視野に入れたツーショットダイヤルでの出会いに流れるのだ。

 

現状でのツーショットダイヤルでは今では正にその流れが来ている最中だ。チャンスは無限に転がっている状態と言えるだろう。

1980年から1990年代中盤まで日本中で爆発的ブームとなったテレクラ。正式名称はテレフォンクラブ。男と女が電話を通して主にセックスを目的とする出会いを探す「電話型の異性紹介サービス」として盛り上がったサービス。

 

当時は、まだ携帯電話すら無い時代だ。人々の連絡手段と言えば家にあるアナログ電話か公衆電話のみ。

 

今思えば、どうやって恋人や友達と待ち合わせしていたのだろう?

 

と疑問に思ってしまうほどの通信インフラの低さが当たり前な時代。

 

そんな中で登場したテレクラ。

 

男がテレクラ店舗に出向き、その個室内で女からのコールを取りコミュニケーションを楽しむ。当時は斬新過ぎるサービスだった。私はハマりにハマった。毎日テレクラに出向き女からの電話をライバルより少しでも早く取る事に没頭する・・・

 

抱いた女の数は5年程度で1000人以上。今思ってもテレクラは凄まじい出会いの宝庫だったと感じる。

 

このテレクラが教えてくれた事。それは決してセックスと言う快楽に溺れた思い出だけでは無い。私は人間の本質。いや、女の本質をテレクラで徹底的に教えてもらった。

 

女は動物だ

 

これが私が長年のテレクラ経験で悟った答えだ。女と言うのは時に従順であり時に冷酷だ。そして、冷酷だからこそ女は魅力的な生き物だと私は体で体験したのだ。

 

そして、快楽の面でも私はテレクラで女の性に対する貪欲さを知った。生粋のヤリマン女の存在だ。彼女達の性欲は恐ろしい。とにかく性に狂った女は無限大の快楽を求めるのだ。毎日セックスしても生粋のヤリマンはセックスを求める。

 

私はこんな女をテレクラ経験の中で何百人と経験して来た。私はテレクラを通してセックスマスターとなった。

 

こんな経験をさせてくれたテレクラを私は崇高なものだと思っている。そしてテレクラこそが今でも女の本質を教えてくれる唯一の場所だと確信してる。

今回はまだツーショットダイヤルでテレフォンセックスしていない男性に向けて言いたい!今テレフォンセックスをしないのは確実に女の子との出会いのチャンスを逃すと同意義です!

 

何故かと言いますと、今スマホでLINEを使うのは当たり前ですよね?LINEにはチャットだけでなく無料音声通話が出来ます。つまりスマホの通話料金は完全に無料化されたと言う事です。

 

そして、昔からテレフォンセックスと言うのは男より女の子の需要が圧倒的に高かった。テレセにハマるのは男では無く女なんです!極端な話を言えば、男は女の子のテレフォンセックスに付き合っているだけと言うケースが非常に多い。

 

だって、男は女との肉体的な触れ合いを重要視しますからね?女は違うんですよ。五感や感情が第一!女が肉体的に気持ち良くなるには男からの言葉やムードが一番重要なんです。だからこそ女の子はテレフォンセックスにハマる傾向が強い。

 

女の子のオナニーの方法としてテレフォンセックスは昔から定番の手法です。これには男に比べて圧倒的に性サービスが少ないのも影響しています。男にはキャバクラや風俗があるのに女には無い。殆ど皆無に近いですからね。

 

しかし、本当にエロいのは男では無く女ですからね?ガールズトークの生々しさを知っていますか?女は女同士で集まると平気で自分の彼氏や旦那とのセックスについて具体的に語りますよ?更には、理想のセックスや好きな性癖について何でも喋る(笑)それで彼女達はストレス解消を楽しんでいるのです。

 

だからこそ、今我々男達はテレフォンセックスを心から楽しむ事が必要だと私は思います。女の需要は桁違い。LINEでも出来ますし、ツーショットダイヤルなら出会い探しも楽しみつつ女との刺激的なテレフォンセックスを楽しめる。

 

こんな美味しい市場はテレフォンセックス以外に無いと私は確信しています。

 

もちろん、練習は必要です。テレフォンセックスはいきなりプレイしても最初は失敗します。経験と回数こそが上達の秘訣です。だから、LINEを使ってエロい女友達がいたらガンガン練習台になってもらう!適当な女がいなければツーショットダイヤルを使ってトライアンドエラーしながら学ぶ。

 

難しい部分もありますが、回数が命!裏を返せばテレフォンセックスは経験と回数次第で誰でも上手くなります。それに男でもテレフォンセックスはハマると最高に手軽なオナネタを手に入れた事になりますからね。最近は2ちゃんなどで道具を使ったオナテクばかり研究されていますが、テレフォンセックスこそが究極のオナニーといった側面もあります。

 

やらなきゃ損するだけ。デメリットは一切無しでメリットだらけ。こんな状況のテレフォンセックスを貴方はまだ拒むのですか?

今やディープなネットユーザーやオタクの間でエロゲーを楽しむのは一般的なライフスタイルとなっている。
最近ではスマホアプリでのエロゲーも登場しているからオタクだけでは無く、一般人までもがエロゲーに触れる機会も多い。当然、ハマる人も出てくる。

 

主にエロゲーはキャラクターが二次元(アニメ)で、自分の思い通りに女を調教したり変態セックス出来る。更に、擬似恋愛までもが楽しめるのが魅力と言えるだろう。

 

二次元やアニメにハマる人は我々のようなオッサンが想像するより遥かに多い。今時の若い子は本当に自然にアニメにハマるし、萌えキャラなどを見ても抵抗を感じない。

 

もはや、エロゲーや二次元は三次元の女に並ぶ男達の性の対象になった気がする。

 

しかし、私は思うのだ。エロゲーと言うのはテレフォンセックスにハマるのと同じ感覚ではないのかとね。

 

そりゃテレフォンセックスは相手が完全に三次元の女ではあるが、厳密にはバーチャルなセックスである。

 

エロゲーだって完全なバーチャルセックスの世界だから、根本的な世界観は変わらないのである。

 

私はテレフォンセックスはリアルなエロゲーとして捉えて行くべきではないかと感じている。

 

そう考えるとイメージプレイ、言葉責め、命令や指令プレイなどはテレフォンセックスでゲーム感覚として楽しむ発想が生まれて来る。

 

私はエロゲーとしてのテレフォンセックスの定義で実際にプレイしているが、やはりノーマルテレフォンセックスには無い新しいゲーム性を感じる事が出来た。

 

エロゲー感覚で楽しむテレフォンセックス。是非とも試してみて欲しい。

私は2015年現在から換算すると実に約30年間も店舗型のテレクラを利用して来ました。私は現在進行形でテレクラを利用しています。東京に住んでいますので主にリンリンハウスの一択ですが、やはりテレクラは訪れるだけで自分のテンションを上げてくれる効果があると思っています。

 

さて、そんな店舗型のテレクラですが、テレフォンセックス目線で考えても実は両者はリンクしている部分が非常に多いと個人的には思っています。

 

まず、テレクラとテレフォンセックスの流行った世代の共通点です。テレクラが流行ったのは80年代後半から90年代前半までです。実はテレフォンセックスもこの時期に継続的にプチブームが起こり続けて来ました。

 

この時期にテレフォンセックスを楽しむ人ってのは大抵が遠距離恋愛中のカップルでした。夜になると公衆電話に十円玉を積んで遠く離れた愛する人とのバーチャルなセックスを楽しむ。恋愛ってのは離れていれば離れているほどに燃え上がりますからね。例え電話のみの繋がりでも十分に気持ちが伝わり合うのです。

 

一方で、テレクラを使ってテレフォンセックスを楽しむ女性も少なからず存在しました。男性側からするとコールをゲット出来たのに相手がテレフォンセック目的だった場合は非常に落胆してしまいましたがね(汗)

 

まあ、テレクラってのは使う人の自由な発想でコミュニケーションを楽しむべきだと思いますから、例えやっかいだと思っても私はテレフォンセックス目的の女性のコールを取ってしまった場合は、一応は付き合いましたよ!

 

結局の所、テレクラもテレフォンセックスも電話を利用したコンテンツなんですよね!なので、例え目的は違っても受け入れて自分の楽しみとして消化してしまえば良いと思います。だってその方が楽しめる確立が上がるでしょ?

 

最近の電話コミュニティーはテレクラからツーショットダイヤルに移り変わっていますが、その本質は普遍です。テレクラ感覚の出会いもテレフォンセックスも両方楽しむ体制を整えれば自分の快楽は2倍になるのです!是非、食わず嫌いにならず出会いもテレフォンセックスも両方電話で楽しめる心構えを持っておくべきだと私は思います。

今回はテレフォンセックス初心者の方に向けてのレクチャーになります。

 

どうも初心者の方はテレフォンセックスに対して「恥ずかしいと思う気持ち」が快楽より先に来てしまう人が多いみたいです。

 

私も最初はそうでしたから気持ちは分かるんですよね。特にイメージプレイなどは自分が役者になった気持ちになる事が必要ですから、初心者には敷居が高く感じるでしょう。

 

しかし、安心して下さい。直ぐにそんな気持ちを抑える解決策がありますから。

 

今回はその解決策を単刀直入にお伝えします!

 

ずばり、擬音プレイを取り入れましょう!擬音プレイは電話で自らの体や口を使い、セックスをイメージさせる音を効果音的に出す事です。

 

例えば、キスの音でしたら実際にスマホのマイク部分に向けてキスしてみればOKです。相手にはきちんとキス女が伝わりますので、テレフォンセックスが盛り上がります。

体を使ったプレイなら、手を使うのが簡単です。手の甲を口で吸ってみて下さい。チュパチュパと鳴りますよね?これはセックスの時の愛撫の音に使えます。

更に、少しマヌケに思えるかもしれませんが、バックで女の子を犯している音は拍手で再現出来ます。所謂、ハンドクラップですね。少し、音をこもらせるのがポイントになりす。

このように擬音プレイを使えば自分が会話していなくても簡単にテレフォンセックスする事が可能なのです。

 

恥ずかしい場合は、会話を最小限にして、

キスするね?

と相手に言ってから擬音テクニックを披露すると女の子にもキスをイメージさせる事が可能ですので、スムーズなテレフォンセックス出来るでしよう。

 

テレフォンセックスは無理してまで高度なイメージプレイやストーリープレイをする必要はありません。

 

自分の出来る範囲で女の子を気持ち良くさせて、自分もオナニーする事が出来る。

 

これが、お互いにノンストレスなテレフォンセックスプレイに繋がるのです。

彼女がエロく無い。セフレかマグロでつまらない。

 

男にとってセックスする女がつまらない事は本当に人生の辛さを感じるレベル。

 

まだ、出会い系やツーショットで出会った適当な女なら我慢出来るが、恋人やパートナーの場合は下手すると一生ものだ。

 

そんな地獄を感じている人に今日は提案したい。セックスに積極的でないパートナーに対しては直ぐにテレフォンセックスを持ちかけてみて欲しい。

 

テレフォンセックスは電話でたのしめるエロ遊びだ。会話が無いとお互いにプレイ自体が成立しないので、最初はマグロな女でも仕方なくプレイするしかないと言うメリットがある。

 

恐らくは慣れてくると女の方から喘ぎ声を出し始める筈だ。そして、次第に楽しさを感じ始める。

 

こうなったらテレフォンセックスの効果は完璧に効いている。恐らく、リアルでのセックスにも確実に影響して来る。今までは消極的だったのに突然襲いかかるように求めて来るなんてパートナーもいるだろう。

 

単なる電話での会話だけでこの効果を得る事が出来る。

 

私はパートナーのセックスに不満足であるなら、直ぐにでもその相手とテレフォンセックスを楽しむべきだと感じている。

 

メリットは無限に近い。その割りにデメリットは殆ど無いと言えるテレフォンセックス。やらなけば確実に損をしていると言う状況に思える。

テレクラやツーショットダイヤル。これらの共通点は他のコミュニティーに比べ、電話と言う遥か昔からあるツールだけを頼りに女性を口説かなくてはならない。

 

一見、難しいと思われる方が多いかもしれないが実は私はそうは思っていない。

 

むしろ、電話タイプのコミュニティーの方がスキームさえ押さえてしまえば、遥かに出会える確率は高いと感じている。

 

今回はそんな電話系コミュニティーでの出会いのスキームについてお話
ししたい。

 

まず、テレクラやツーショットダイヤルの場合、電話で女性とコールが繋がる部分に関しては何の苦労もいらない。

 

何故なら、どちらもランダムで今暇している女の子とあなたをマッチングしてくれる仕組みを持っているからだ。

 

問題は繋がってからだ。多くの人はここで適切なナンパ手法を行えずに諦める人が殆どである。

 

適切な電話でのナンパとは初対面である相手の女性からの信頼を得る事ですである。

 

間違っても、今から会おう!といきなり強引に待ち合わせをゴリ押ししてはならない。

 

考えて欲しい。初対面の女性がいきなり始めての男の言いなりで待ち合わせ場所まで来るだろうか?私的には割り切りでも無い限りは0%だと感じている。

 

だから先ずは相手からの信頼を得る事が大切なんですよ。

 

具体的な信頼を得る方法ですが電話コミュニティーの場合はとにかく雑談トークでしょうね。雑談トークが盛り上がると自然に共感が生まれます。

 

共感すると言う感情はやがて信頼に変わって来ます。このスキームを先ずは意識して欲しい。

 

とにかく後は電話と言う独特のツールを使って自分は出会いを求めているんだと言う意識を植え付けて下さい。

私は今の時代にスマホやLINEを使ってエロ電話やテレフォンセックスをしていない男はこの先辛いと思う。この辛いとはネットやスマホで出会いを探す時に苦労するという面である。

 

何故なら、今のLINE世代の女の子達は殆どはの子達がLINEでエロ電話を経験しているからだ。これにはガールズトーク内でのセックス関連の話題が頻繁にされるようになって来た事も影響している。

 

女はそもそも電話でエロい事をするのに興奮する性格なのかもしれない。

 

しかし、女達がスマホでエロ電話を楽しんでいる一方で男達はなかなか奥手な人が多い。それどころか、エロ電話の行為自体をバカにして一切プレイしてみようともしない人が多いのが現状だ。

 

これは私にも詳しく原因が分からないのだが、男独特の意地やプライドが影響しているのかもしれない。

 

それに、女性に比べて男は圧倒的に無口な人が多いのもエロ電話男性ユーザーが少ない証拠かもしれない。

 

しかし、ネットやスマホを利用しての出会いを今後続けて行くのなら確実にエロ電話スキルは必須と言えるだろる。何故なら、スマホの電話機能を利用して出会うツーショットダイヤルの人気が従来のメールベースの出会い系アプリのシェアを猛烈な勢いで食い潰して来てきるからだ。

 

恐らく、今後数年間でこのシェアは確実に逆転するだろう。そうなれば、まだ出会い系サイトや掲示板などを使っている人間は渋々ツーショットダイヤルを使うハメになる。

 

しかし、その時にツーショットを利用して来ても、電話で口説くと言う独特の仕組みに対応出来ずに直ぐに落ちこぼれてしまう。所謂、情報弱者の典型的な姿であろう。

 

こうなる前に少しでも早く対策するべきだ。ツーショット番組には数十分間無料で話せる通話ポイントが付属している。この無料ポイントだけでも複数の番組を併用すれば数時間分も無料で会話する事が可能だ。

 

先ずはこの無料ポイントを利用して、ツーショットダイヤルの世界を覗いて見て欲しい。

LINEとテレフォンセックス

このブログは主にテレクラとLINEなどの親和性とこれからのテレクラの未来ついて語っている。かなり話題性も高いようで、書籍化しませんか?と言う声も頂き大変ありがたく感じています。

 

さて、今回は私か感じているテレクラとLINEとは少し軸の違う話だが、確実にブーム化を感じているのでお話したい。

 

まず、このブームとはテレフォンセックスの事だ。LINEアプリと無料音声通話が基本となった今、メールからリアルタイムチャットや音声通話が当たり前となった。

 

この結果、まず出会い系サイトやセフレ掲示板などの女性利用率が低下し、その代わりにツーショットダイヤルやLINE内でのLINE電話エッチをする人々が増えた。

 

やはり、人々は生声でのコミュニケーションを求めていたのだろう。そして、古くから存在するテレフォンセックスに手を出す人々が現れて来た。

 

この流れは、今正に始まったばなりだ。そして、これからそのブームは桁違いに伸びる筈だ。何故なら、ツーショットとテレフォンセックスの相性は極めて高く、LINEの世界との親和性も期待できるからだ。

 

これから数年間はLINE、ツーショットダイヤル、テレフォンセックスの組み合わせに注目しておいた方が良いだろう。

 

とにかく、LINEブームの副作用は確実にテレフォンセックスプレイに転換されている。

 

まだ、LINEエッチすら初めていない方は直ぐにでもプレイ出来る彼女やセフレなどと実践してみるべきだ。プレイ出来そうなLINE友達が周りにいない場合はツーショットダイヤル番組などを使えば手軽に不特定多数の女と電話を繋げてくれる。

 

とにかく今の時代は生声と音声通話でのコミュニケーションを求める子が多い。その部分を重要視して様々なコミュニティー番組を使いこなして欲しい。


ホーム RSS購読 サイトマップ