テレフォンセックスしたい女の子に繋がるエッチな電話番号です

テレフォンセックス最強ナビ!エロいリンリン電話帳

テレフォンセックスに関する事ならお任せください!

今直ぐテレフォンセックス出来るサイトを徹底評価!日本中の無料お試し出来るツーショットダイヤル電話番号をまとめています。また、電話エッチのプレイスタイルや女の子に効果的なテレフォンセックステクニックなども随時紹介していきます。

ある程度テレフォンセックスする事に慣れてくると、自分にかなり自信が付いてそれ以上の向上やテクニック習得などをしなくなります。

 

私がテレフォンセックスを始めて半年目くらいが正にそんな感じでしたね。

 

そして、そのまま2年間も適当にテレフォンセックスを楽しみ

特定のテレセ友達のみと楽しむ

ようになっていきました。

 

ある時、私は新規のテレセ友達調達の為にツーショットダイヤルを使ってみたんです。そして、テレフォンセックスできる女の子を探してプレイしてみました。

 

レ、レベルが高過ぎる、、、

 

私は素直に負けたと感じました。とにかく相手の女の子のテレフォンセックススキルが高過ぎて

自分では彼女を一切リード出来なかった

のです。

 

それどころか、彼女に一方的に言葉責めやSMプレイを持ちかけられ、本来ドSである私が彼女には何も言えなかったのです・・・

 

本当に男として情けなさを感じてしまいました。

 

しかし、私は彼女から気付かされました。

テレフォンセックスってのは常に向上していかなくてはならない

のだと。

 

テレフォンセックスはテクニックも様々ありますし、不特定多数の女性を相手にすることによって、トークスキルや会話の間なども学べますからね。

 

ツーショットダイヤルなどは正にテレフォンセックススキルを磨く場となるでしょう。

 

ノーマル系の番組なら幅広い年齢層の女性達と対戦できるメリットがありますし、主婦や人妻系の番組ならテレクラ時代の電話テクニックを盗む事ができます。

 

SMやマニア系の番組でしたらテレフォンセックスの真打ちとも言えるSM調教、言葉責め、イメージプレイ、命令や指示オナニーテレフォンセックスなども自然に覚えられるでしょう。

 

どうせテレフォンセックスするなら、高みを目指すべきなのです。様々な女性と対戦してみて、その中でトーク力やテクニックを習得するのです。

テレフォンセックスは好きだけどなかなか

相手の女の子をイカせられない

どうすれば良いのか?

 

良くこんな質問を頂きます。

 

気持ちは分かります。私も長年テレフォンセックスをして来ましたが、ドップリとハマるまでは全く相手をイカせられませんでしたから。

 

まず、テレフォンセックスで女の子をイカせる為の条件から教えましょう。

 

それは

相手がこちらのプレイに真剣に聞き入ってくれているか

が重要なのです。

 

テレフォンセックスが上手く行かない大きな原因となるのが実はこれなんです!

 

簡単に言えば、エロいムードが整っていないままテレフォンセックスを始めるのは絶対にNG!

 

これには様々な要因が挙げられますが、例えば相手とテレフォンセックスする前に雑談トークをしていないなんてのが挙げられます。

 

テレフォンセックスと言うのは

リアルセックスに例えれば本番行為

ですよね?

 

あなたはセックスする時に、いきなり女の子のあそこにペニスをぶち込みますか?そんな事をすれば相手が痛がって激怒しますよね?

 

膣に挿入する為には相手を愛撫してたっぷりと濡らしませんか?

 

つまり

テレフォンセックスにも愛撫がなくては女の子は濡れない

のです。

 

これは、多くのテレフォンセックス初心者が何故かすっ飛ばす行為。必ず雑談で相手を愛撫のようにエロい会話で濡らしてあげることが重要なのです。

 

実は、このテレフォンセックス前の愛撫の効果を女性の方も知らない場合がかなり多いです。何故かと言えば、それまでテレフォンセックスして来た男達が愛撫トークの存在を知らなかったからです。

 

こんな状況では女の子はテレフォンセックスに興味があってもイク筈が無いのです。

 

ですので、皆さんには是非ともテレフォンセックスする前には女の子を濡らすような雑談トークをして行って欲しい。

 

この愛撫トークは意図的にテレフォンセックスの前に行うだけで確実に効果があります。

 

愛撫の内容は様々ですが、簡単な所では

お互いの興奮したセックスについて暴露し合ったり

 

女の子が恥ずかしがるオナニーのやり方などを聞いてみる

などが挙げられます。

 

是非とも本気で女の子をテレフォンセックスでイカせたい方は実践してみて下さい。

既婚者である女達をあえてターゲットにしてテレフォンセックスを楽しむ。

 

これは、当サイトでも頻繁に述べてきているが、今回は

人妻だからこそテレフォンセックスが刺激的

という幾つかの理由をまとめて紹介したいと思う。

 

人妻テレフォンセックスのメリット

まず、人妻テレフォンセックスのメリット。それは、喘ぎ声の強烈さと羞恥心すら忘れた動物のような吐息である。

 

つまり、彼女達が出すアクメ声そのものに興奮するのだ。

 

もはや、人間の発する声では無いとまで錯覚する時がある。新種の動物やゾンビなどのモンスターとセックスしている感じだ。

 

このような強烈アクメを何のためらいも無く発声し続けるのだから、やはり人妻という属性は最強のテレフォンセックスパートナーに感じる。

 

言葉のボキャブラリーの豊富さも人妻テレフォンセックスの魅力だ。若いガキとテレフォンセックスするとどうしても言葉の表現力が乏しくて萎える事が多い。

 

しかし、人妻達は違う。難しい言葉も普通に使うし、オマンコの表現も何パターンもその場の状況に合わせて使い分ける。

 

濡れてるアソコ、オメコ、お股、バギナ、大陰唇や小陰唇、膣内

などなど。

 

細かいオマンコの使い分けを見事にするのだ。

 

言葉のボキャブラリーの豊富さはテレフォンセックスにとって非常に重要なファクターだ。

 

何故なら、テレフォンセックスは電話だけでするバーチャルなセックスワールドなのだから。言葉の使い方で相手に与える想像力がまるで異なって来る。

 

そして、最後に紹介したい魅力は人妻達が発する母性とオーラだ。

 

もう、これは決して若いメスには出せないフェロモンに近い。会話しているだけで男の存在をちっぽけなものにする人妻の母性はまるで聖母マリアだ。

 

更に、人妻のオーラというのが確実にテレフォンセックスで伝わって来る事が多い。このオーラも若いメス共には全く備わっていない。

 

このように人妻とのテレフォンセックスは決して若い女達では体験できないパワフルな世界なのだ。

 

是非とも若い女とばかり対戦している男性諸君には、これを機に人妻達とテレフォンセックスしてみて欲しい。

恐らく、当サイトをご覧になっている方の殆どがツーショットダイヤルにて主婦、人妻、熟女さん達との会話や出会いを目的としていると思います。

 

やはり、男性経験も豊富な人妻・熟女さんは性欲も強く、テレクラ世代の女性でもある為、ツーショットダイヤルとの相性はパーフェクトですからね。

 

彼女達の魅力にハマり

気が付いたら若い子なんか興味が無くなった

という生粋の熟年マニアの方も増えてきていると思います。

 

今回はそんな人妻ツーショットマニアの方に向けてアドバイスを送りたいと思います。

 

人妻テレフォンセックス電話番号ランキング「マダムボイス」

と言う人妻、熟女専門のツーショットダイヤルセレクトサイトが存在します。

 

このマダムボイスは日本全国で運営されるツーショットダイヤル番組をかなり網羅しているのですが、その中でも人妻や熟女専門の番組に限っては特別枠にて厳選紹介されていますので、とにかく使い勝手が最高なんですよね。

 

ツーショット初心者の方にもかなり利用価値が高いと思いますね。何故なら、マダムボイスは紹介しているツーショットダイヤル番組全てに対して

無料体験可能な無料ポイント

をプレゼントしているからです。

 

確認できただけでも合計7万円もの無料ポイントが紹介されていましたので、無料分だけでもかなり濃密に楽しめるのではないでしょうか?

 

まずは、これらの無料お試しポイントで実際のツーショット番組の雰囲気や女の子の質を確かめてみるべきです。

 

恐らく、幅広い番組を比べてみると細かい番組の差が見えて来ると思いす。

 

例えば

サクラの有無

 

伝言ダイヤルの投稿数

 

細かい女性年齢層の違い

などなど。

 

ツーショットダイヤルは基本的に見ず知らずの女性といきなり電話で繋がるコンテンツですからね。根本は人と人がダイレクトに繋がるコミュニティーですので、やはり同じタイプのコンテンツに見えても使ってみて分かる世界の方が圧倒的に多いのです。

 

マダムボイスは比較だけでなく、ツーショットダイヤルで主婦や人妻を口説くテクニックについても様々な攻略ブログが執筆されていますから必見です。

 

ハッキリ言って路上ナンパ専門の人妻ナンパ師さんにとっても使えるネタがゴロゴロしてると思いすよ!

 

マダムボイスは確実に日本最高クラスの人妻ツーショットダイヤルセレクトショップだと思います。先ずは、無料ポイントを獲得するだけでも試してみる価値はあるでしょう。

検索の仕方 Googole先生にて
人妻マダムボイイス
と検索しましょう!

誰とでも気軽にセックスしてしまうヤリマン女達。

 

最近は、女の方が男より異性に対して積極的なので、基本的にはヤリマン女は増えている状況とも言えるだろう。

 

このブログでは散々ナンパするならヤリマンを狙えと言って来ているので、既にヤリマンオンリーを狙いツーショットダイヤルや出会いアプリを楽しんでいる人も多いと思う。

 

しかし、私からしてみると、まだまだヤリマン狙いのナンパの仕方が甘い人が多いと感じているのだ。今回はそんな甘いヤリマンナンパを繰り返している人の特徴と解決策をお話ししたい。

 

まず、ヤリマンナンパに対して甘いと感じる部分だが、これは

遠回しで無駄な時間を費やす男が多い

これに尽きますね。

 

良いですか?

 

ヤリマンと普通の女を同一視してはいけないんです。ヤリマン女ってのは秒速でセックスに誘っても問題ないレベルなんですから、遠回しなやり取りは止めて、直ぐにセックスに直結させるんですよ!

 

下手な話、ヤリマンやビッチ女ってのは男からの無駄な口説きを嫌がる傾向すらありますからね。直ぐにセックスしたいんです、彼女達は。

 

ですから、その点を踏まえて即ラブホ、即セックスをストレートに狙って口説くべきだと思いますね。これは、ヤリマン女達にとって最高のナンパ手法になります。

 

ナンパした女が少しでもヤリマンと感じたら、ストレートにセックスに誘ってみる事も重要だと思います。

今回はテレフォンセックスとは切っても切り離せない関係性ともいえる喘ぎ声についてお話ししたいと思います。

 

喘ぎ声は多くの男性にとって、セックスにおいて重要な要素だと感じている筈です。

 

この重要性に関していまいちピンと来ない方はこんな事を感じたことはありませんか?

 

エロ動画や素人撮影AVなどにありがちな、援助交際、素人ナンパ物の動画を見ると、女の子が挿入されている時に

一切喘ぎ声を出さないでハメられている・・・

シーンを見掛けますけど、あれって本当に萎えませんか?

 

中には、ガンガンピストンされているにも関わらずスマホを操作して誰かとLINEしている女なんてのもいましたからね。こんなやる気の無いセックスを見ても息子はピクリとも反応しませんよ・・・

 

セックスの時に女の子が喘ぎ声を出さないだけで

こんなに興奮度が変わる

のかと再確認出来ましたよ。

 

これは、逆の立場でも同じだと思います。女の子が積極的に誘ってるのに男は無言で吐息も漏らさずにマグロになり、女の子は頑張って騎乗位になって腰を振り続ける。流石に、女の子も呆れてしましますよね。

 

リアルのセックスでもお互いに喘ぎ声が無かったら、確実に興奮度は盛り下がる。これが当サイトのメインテーマでもあるテレフォンセックスだったら自体は深刻ではないでしょうか?

 

テレフォンセックスにおいての女の子の喘ぎ声に関しては間違いなく重要な要素と言えます。

 

そりゃそうですよね?リアルエッチなら肉体的な接触や刺激がありますが、テレフォンセックスは電話の音声通話のみですから、喘ぎ声が無いなんてのはプレイが成立しないレベルとも言える。

 

私はテレフォンセックスの喘ぎ声は女性だけでなく、男性も積極的に出して行くべきだと思っています。

 

例えば、女の子から擬似的なフェラをされた時は、少し吐息を漏らしながら

凄い気持ち良いよ!アッ!凄い

と言うだけで女の子の達成感と快楽レベルが一気に高まりますからね。

 

これは、女性を更にエロくさせる効果もありますから、その後のプレイもガンガンエロくなって行きます。

 

お互いに喘ぎ声を激しくして行く事はテレフォンセックスを確実に盛り上げてくれるのです。

今回は比較的テレフォンセックス経験の豊富な方に向けての高度なアドバイスをお伝えしたいと思います。

 

喜怒哀楽

私はテレフォンセックスに喜怒哀楽を取り入れる事で、普段よりも桁違いのエクスタシーを相手の女性に与える事が可能だと確信してます。

 

喜怒哀楽の中でも重要なのが「怒りの部分」

 

テレフォンセックスのプレイの中で意図的に相手に怒りを感じさせる事が相手の興奮を高めるスパイスになると考えています。

 

しかし、唐突に怒り狂ってもキチガイ扱いされるだけですので、この怒りは

プレイ中にスムーズに取り入れる

事が重要なのです。

 

そこで、使えるのが言葉責めと命令プレイです。あくまで、テレフォンセックステクニックを駆使するのがこの怒りを取り入れる自然なやり方になります。

 

もう濡れているのか?だらしないオマンコだな?他の男に抱かれ過ぎてるんじゃないのか?

 

まだ、俺のチンポはふにゃチンだぞ?お前の使い込んだ口で臭いチンポをしゃぶれ?

こんな言葉責めや命令をされたら、少なからず相手の女性は怒りを感じませんか?

 

しかし、これで良い。

 

怒りを引き出しつつ、絶妙なタイミングで逆に女に対して喜びを与えるのです。

 

つまり、喜怒哀楽の喜と怒を交互に繰り返す訳です。

 

これは、非常に効果的ですからね。また、このプレイに慣れてきたら次は哀と楽の感情を取り入れてテレフォンセックスしてみるのも面白い。

 

テレフォンセックスにハマる女達はとにかく興奮や刺激を求めています。

 

特に自分から進んでツーショットダイヤルを利用するような女は求める興奮が大きいです。だからこそ、今回紹介した喜怒哀楽をコントロールしたテレフォンセックスは女に効くのです。

茨城県や東北地方を襲った今回の台風被害。

 

まさか、鬼怒川があそこまでの被害になるとは誰も予想していなかっただろう。

 

一刻も早く、全ての行方不明者か救助される事を願っている。

 

さて、最近は9月とは思えない悪天候な天気が続いている。まるで、梅雨時期のようなシメジメとした毎日。

 

私は余りにもムカつく天気なので、有給を使い7連休を取ってしまった。

 

基本的にはゲームやらセフレを呼んでのセックス三昧だったのだが、セフレとのセックスは一日で飽きたので、ツーショットダイヤルを使って女を物色して楽しむ事にした。

 

その中で分かった事がある。

 

雨の日や天候が悪い日が続くと、何故か女達は

ネットリとしたテレフォンセックスを求めて来る確率が明らかに高い

のだ。

 

これは、ビックリするくらいの確率の高さだった!恐らくテレフォンセックス目的自体が普通の天気の時の2倍は多い感じ。

 

やはり、外は雨だから待ち合わせ場所に出向くのが面倒なのだろうか?

 

それにしても、雨で日の女達は淫乱だ。直ぐにテレフォンセックスを始めたがるし、平気で

オマンコ気持ち良い!

 

クリトリスの皮を剥いて直接舐めて!

とか言いやがる。

 

私は思った。これからは晴れた日は出会い目的で、雨の日はテレフォンセックスを狙ってツーショットダイヤルは使うべきだと。

スマホとネットが誰でも楽しめる現在の日本社会において、もはや

不特定多数の異性との出会いを楽しむ

のにメールや掲示板ベースの出会い系サイトは無用になったのではないかと感じる。

 

そして、時代はLINEのようなリアルタイム性の強いコミュニケーションが可能な出会いコンテンツが求められている。

 

そんな出会いの革命期において、生電話で赤の他人の異性と気軽に会話できるツーショットダイヤルは現代版の出会いコンテンツの主役に躍り出たと言えるだろう。

 

現に、最近の大手出会い系サイトは閑古鳥が鳴いている。ワクワクメール、ハッピーメール、イククル、YYCなど、昔みたいな素人女が入れ食い状態だった全盛期は既に崩壊した。

 

サイトの掲示板書き込みを見れば、明らかに他の出会い系業者やサクラと思われる書き込みばかり。こんな書き込みに返信してもポイントを消費させられ、騙されるだけなのである。

 

その点、ツーショットダイヤルは相手の女とリアルタイムに電話で会話できるから嘘偽りが存在しないのだ。例え、その女性がサクラだったとしても所詮は小銭稼ぎでやっている素人女なので、トーク力さえあればサクラでさえ出会えるチャンスがある。

 

電話であるから確実に相手は女

これが、ツーショットダイヤル番組での出会いの素晴らしい点である。

 

それに、ツーショットダイヤルはLINEの無料音声通話の流れともマッチングしているコンテンツなのもメリットの一つだろう。

 

LINEの無料音声通話機能を使い日常的にテレフォンセックスを楽しんでいる女達は急増している。そんな女達は大抵次のステップに進みたがる。

 

つまり、知り合いや友達同士でのLINEエッチから新しい出会いを視野に入れたツーショットダイヤルでの出会いに流れるのだ。

 

現状でのツーショットダイヤルでは今では正にその流れが来ている最中だ。チャンスは無限に転がっている状態と言えるだろう。

1980年から1990年代中盤まで日本中で爆発的ブームとなったテレクラ。正式名称はテレフォンクラブ。男と女が電話を通して主にセックスを目的とする出会いを探す「電話型の異性紹介サービス」として盛り上がったサービス。

 

当時は、まだ携帯電話すら無い時代だ。人々の連絡手段と言えば家にあるアナログ電話か公衆電話のみ。

 

今思えば、どうやって恋人や友達と待ち合わせしていたのだろう?

 

と疑問に思ってしまうほどの通信インフラの低さが当たり前な時代。

 

そんな中で登場したテレクラ。

 

男がテレクラ店舗に出向き、その個室内で女からのコールを取りコミュニケーションを楽しむ。当時は斬新過ぎるサービスだった。私はハマりにハマった。毎日テレクラに出向き女からの電話をライバルより少しでも早く取る事に没頭する・・・

 

抱いた女の数は5年程度で1000人以上。今思ってもテレクラは凄まじい出会いの宝庫だったと感じる。

 

このテレクラが教えてくれた事。それは決してセックスと言う快楽に溺れた思い出だけでは無い。私は人間の本質。いや、女の本質をテレクラで徹底的に教えてもらった。

 

女は動物だ

 

これが私が長年のテレクラ経験で悟った答えだ。女と言うのは時に従順であり時に冷酷だ。そして、冷酷だからこそ女は魅力的な生き物だと私は体で体験したのだ。

 

そして、快楽の面でも私はテレクラで女の性に対する貪欲さを知った。生粋のヤリマン女の存在だ。彼女達の性欲は恐ろしい。とにかく性に狂った女は無限大の快楽を求めるのだ。毎日セックスしても生粋のヤリマンはセックスを求める。

 

私はこんな女をテレクラ経験の中で何百人と経験して来た。私はテレクラを通してセックスマスターとなった。

 

こんな経験をさせてくれたテレクラを私は崇高なものだと思っている。そしてテレクラこそが今でも女の本質を教えてくれる唯一の場所だと確信してる。


ホーム RSS購読 サイトマップ